日本氷上スポーツ学会

日本氷上スポーツ学会

氷上スポーツの研究を通じて、日本の氷上スポーツのさらなる発展を促すべく、日本氷上スポーツ学会の設立に向けて、設立準備委員会が設置されました。日本氷上スポーツ学会は、スケート競技、アイスホッケー競技、ソリ競技、カーリングなど氷上で行われる幅広いスポーツを対象とする、日本で初めての学会になる予定です。また、事務局を一般社団法人日本学生氷上競技連盟(学連)におくとともに、学連と連携して様々な事業を行う予定です。

この学会が、研究者、(学生を含む)競技者、教育者、指導者、スポーツビジネス関係者、自治体関係者など、氷上スポーツに関わる多くの人々を繋ぐ存在になってくれることを期待しています。

日本氷上スポーツ学会は、2019年1月に設立総会が開催され、正式に学会として組織される予定です。年に一度研究大会を開催するとともに、インカレ(日本学生氷上競技選手権大会)の会場で、研修会をはじめ様々なイベントを開催したいと考えております。また、学会誌として、氷上スポーツ研究を発行し、日本学術会議協力学術研究団体への指定を目指したいと考えております。是非ともご入会をご検討ください。

設立趣意書

 スケートが日本に伝わったのは1891年、そしてアイスホッケーは1915年であると言われている。スケート、アイスホッケー競技は、瞬く間に市民に根付き、冬のレジャーとして確立していった。そして、1924年には学生を中心とした全国学生氷上競技連盟(日本学生氷上競技連盟の母体)が設立され、競技会が開催されるなど、冬の競技として、広く認知されるようになってきた。その後、冬季オリンピックに参加以降、スケート競技は日本のお家芸とまで言われるほど、発展するとともに、アイスホッケー競技も実業団が結成され、多くの試合がTV中継されるなど、人気を博す競技へと発展した。各地にスケートリンクが作られ、多くの人で溢れかえった。

 しかしながら、少子化による競技人口の減少、そのほかの人気競技との競合もあり、フィギュア競技については別として、どの競技も一時の盛り上がりに欠けているのが現状である。各地にあったはずのスケートリンクも、その数を大きく減らしている。平昌オリンピックの好成績もあり、冬の競技に一時的にではあるかもしれないが、関心を集めているこの時期に、スケート、アイスホッケーなど氷上スポーツの魅力を再確認し、それを広く知らしめる場、氷上スポーツを通じた教育のあり方を模索する場とともに、日本の競技力向上のための提言ができる学会を設立することは意義があるものと考える。

 日本氷上スポーツ学会の特長の一つは、学生競技団体でもある一般社団法人日本学生氷上競技連盟(日学連)と密接に連携し、活動するという点である。日学連に所属する学生(選手)、指導者を通じて、我々は多くの知見を得ることが可能となると同時に、研究成果をすぐさま選手、指導者に還元することができる。また、スケート、アイスホッケーを通じた教育という面でも、学生団体である日学連との連携は、大きな財産になるものと考えている。さらに、その是非は別として、日本版NCAAや、大学スポーツとビジネスの関係を考察する上でも、一つの研究、実験対象として日学連との連携は有益である。

 さらに、日本氷上スポーツ学会は、研究範囲として、氷上スポーツ全般を包括する学会であるという特長を持つ。スケート、アイスホッケー競技だけでなく、カーリング、アイススレッジホッケー、及びソリ競技(ボブスレー、リュージュ、スケルトン)なども対象とする。普段交流がそれほど多くない、これらの競技間での研究成果の交換は、相互にとって有益なものになるであろう。

 日本氷上スポーツ学会は、研究・教育者、指導者、産業界、自治体、競技連盟関係者、学生など幅広い層からの参加者を募り、闊達な議論を通じて、日本の氷上スポーツの発展、ひいては日本のスポーツ全体の発展に寄与すべく活動する。日本氷上スポーツ学会設立の意義に賛同される方の参加、入会を期待する次第である。

本学会の研究分野

    • 氷上スポーツ(スピード・フィギュア・アイスホッケー・カーリング・スレッジホッケー、ボブスレー、リュージュ、スケルトンなど)の運動構造・バイオメカニクス等に関する研究
    • 氷上スポーツを中心としたスポーツ医学の研究
    • 氷上スポーツを中心とした栄養学の研究
    • 氷上スポーツにおける用具の研究
    • 氷上スポーツにおけるスポーツビジネス・スポーツメディアに関する研究
    • 氷上スポーツを通じた教育に関する研究
    • 氷上スポーツの歴史に関する研究
    • 氷上スポーツを通じたまちづくりに関する研究
    • 氷上スポーツの施設整備に関する研究
    • 氷上スポーツの文芸作品に関する研究
    • 氷上スポーツを中心としたスポーツ法学の研究
    • 氷上スポーツを中心とした障碍者スポーツに関する研究

お気軽にお問い合わせください。03-6811-0850受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ